« 2010年1月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月22日 (火)

ルキアが逝ってしまいました

 

先日のブログで書きましたが、我が家の3匹目の猫が余命宣告をされました。6月に入って「このまま食事をしなければ1,2週間です」とのことでした。

IMG_4135 こんな元気なお転婆猫が・・・との思いもありましたが病気の進行は思ったよりも早く今から思い返すとあっという間でした。

あとから思うことばかりではありますが、飼い主思いの猫でそのまま1,2週間で逝くところをわざわわざ頑張って別れの時間をくれたのかなと思ってしまいます。

余命宣告後にまったく何も食べないのかと思っていたのが、「これなら?」と思って買ってきたえさやそのほかの食べ物を食べてくれました。おかげでひょっとして?と思う希望を与えてくれました。

結局、必死の世話の甲斐なく逝ってしまいましたが私たちにとっては十分な準備の時間をくれました。

IMG_4485 必死の介護をしていた妻の思いは妻の職場の方のブログで紹介いただいています。

ルキアの骨は火葬し収骨後、我が家に帰ってきました。今でもルキアが 壁の影から出てきそうです。

 

・・・しばらくは忘れられません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

愛猫の余命宣告

久しぶりのブログ再開がこんな内容になることは想定外でした、しかしこの数年の間の私の人生を振り返ってみると必然とも言えることかもしれません。

 

少し前に3匹目として我が家に来た猫『ルキア』の具合が悪く病院で診察を受けた結果『猫白血病』とわかりました。既にその時点で相当な貧血状態で家に戻れるかどうか?ということでした。

病院での手当の結果今現在家に無事にいる状態です。ただ、何度かの通院後これ以上の治療はないと言われ余命も告げられました。

以前の私であれば、ペットの死は悲しいとは思いますが今とは違う感じ方をしていたと思います。

 

自身が死を意識したこと、身近な存在の死によって以前とは私の中の死は明らかに変化しました。また、現在ではその死に立会う職としてさらに特別なものとなっています。

 

今はただルキアの心が静かであることを祈ります。

 

097

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年7月 »