« 今更の新年のご挨拶 | トップページ | ルキアが逝ってしまいました »

2010年6月 4日 (金)

愛猫の余命宣告

久しぶりのブログ再開がこんな内容になることは想定外でした、しかしこの数年の間の私の人生を振り返ってみると必然とも言えることかもしれません。

 

少し前に3匹目として我が家に来た猫『ルキア』の具合が悪く病院で診察を受けた結果『猫白血病』とわかりました。既にその時点で相当な貧血状態で家に戻れるかどうか?ということでした。

病院での手当の結果今現在家に無事にいる状態です。ただ、何度かの通院後これ以上の治療はないと言われ余命も告げられました。

以前の私であれば、ペットの死は悲しいとは思いますが今とは違う感じ方をしていたと思います。

 

自身が死を意識したこと、身近な存在の死によって以前とは私の中の死は明らかに変化しました。また、現在ではその死に立会う職としてさらに特別なものとなっています。

 

今はただルキアの心が静かであることを祈ります。

 

097

|

« 今更の新年のご挨拶 | トップページ | ルキアが逝ってしまいました »

コメント

その後いかがお過ごしでしょうか

うちの猫は検索入院中ですが

心臓や肝臓や腎臓が治ることは無いと言われており大変落ち込んでおります

何気に猫のことを検索していたらこのブログにたどり着きました

本当に辛いですね

投稿: とも | 2010年8月24日 (火) 18時57分

 ジュドー・アサッテさんご無沙汰しております。猫を飼われているんですね。
 いつかきっと別れはあるものですがあまりにも早すぎて・・・

 たしかに、自分自身もそうですが妻が特にかわいがっていますので妻のほうが辛いとは思います。

 アサッテさんもかわいがってあげてくださいね。

 
 Sleeping Beauty さん
 有難うございます。後悔しないようにできることをしてあげる事だけが今できる事だと思っています。
 大切にします。

投稿: むにゅ | 2010年6月 7日 (月) 21時15分

 >後悔が残らないよう可愛がってやります。

ルキアちゃんの最期まで、一緒にいてあげてください。
ルキアちゃんの心が静かであることを心から祈っております。

投稿: Sleeping Beauty | 2010年6月 7日 (月) 05時03分

私の実家にも猫がいます。
去年の春先から飼い始めた、
我が家初の猫です。

もしその猫が余命宣告されたら・・・
と想像しただけでも苦しくなります。
家族の悲しみようとか想像しちゃうともうダメですね・・・。

投稿: ジュドー・アサッテ | 2010年6月 6日 (日) 02時45分

 コメントありがとうございます。

 実は、ショックを受けているは私よりも妻の方です。あまりペットを飼ったこともなく初めて飼った猫のことで思う部分も多いようです。

 人間も同じですが、死にゆく者に対して後悔が残らないよう可愛がってやります。

投稿: munyu | 2010年6月 5日 (土) 22時35分

ご無沙汰しています。

猫にも白血病という病があるんですね。

自分も実家にいる時に猫を飼っていた事がありますが、猫のエイズとガンで愛猫を亡くした事があります。

動物は命ある限り一生懸命に生きようとするんですよね。。。

ルキアちゃんにMunyuさんの愛情をたくさん注いであげて下さいね。

投稿: 通りすがりの吟遊詩人 | 2010年6月 5日 (土) 21時39分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛猫の余命宣告:

« 今更の新年のご挨拶 | トップページ | ルキアが逝ってしまいました »